3.11から半年が経ちました

3月11日14時46分に発生した東北太平洋沖地震からちょうど半年が過ぎました。
この半年間、塩竈に縁のある人を中心に多くの出会い、塩竃をこの地震・津波で受けた甚大な被害からよみがえらせて、震災前以上の活気ある街にしようと「よみがえれ!塩竃」が生まれました。現在、塩竃在住で市内で働いている方、市外で働いている方、塩竃出身者で県外で働いている方、肉親や親戚が塩竃出身の方・・様々な方が、縁あって結集していますし、ネットを通じで様々な情報をやりとりはしていますが、まだ実際に会ったことの無い方など実に様々です。そして、メンバーだけに限らず、川崎の神輿会の皆さん,彩りプロジェクトの皆さん、HEROES’プロジェクトの皆さん、Standard編集部の皆さん、CHIYAHOYA-TVの皆さん、ルゥアイ・ルゥアィの皆さん鈴鹿8時間耐久レースの関係の皆さん、VACANTの皆さん、福まる雑貨さんなど多くの方々とすばらしい縁があり出会い、そして様々な協力を頂き、ホント小さいレベルですが、塩竈の復興のために動くことが出来ました。感謝感謝です。
おそらく、被災地との関係の薄い方々にとっては、震災は忘れ去られてくだろうし、支援の為の立ち上がったプロジェクトも役割を終え終了してくと思います。しかし、被災地出身者としては、どうしてもまだまだ、忘れるわけにはいかないのです。これから始まる本格的な復興の為に、今まで以上に活動をしていかなければいけません。この半年間の出会いが、来年の3月11日は、もっと強く、大きいものになっていけば塩竈の為、被災地の為にできるのではないかなと考えています
塩竈が、そして津波の被害にあった東北沿岸地域がよみがえるまで、まだまだ頑張っていかないと!!半年は、ほんのひとつの通過点ですから・・

そして最後に、台風12号で甚大な被害を受けた、紀伊半島の方々へ心よりお見舞い申し上げます。
距離的に遠いことと、どうしても塩竈、東北の事を優先してしまう為、何もできなくて申し訳ございません。
100名を超える、死者・行方不明者を出した台風は、記憶にありません。行方不明者が早く発見されることをお祈り申し上げます。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL